※このホームページは「Google」「GoogleChrome」または「Egde」ウェブ標準ブラウザ最新版でご覧ください。他のプラウザでご覧いただく場合はコンテンツの一部をご覧いただけない場合があります。
new

さあ!次は国政選挙です

​日本共産党北関東ブロック

​FAXニュース最新版を掲載します

コロナ赤旗.png
コロナに負けない.png

こんにちは

むとう葉子です

  • Twitterの社会のアイコン
  • Facebook

 

誰もが

 

​大切にされる街を

 

 

13988910578705.jpg

冒頭音声が途切れます

​新着情報

 
new
戸田公園夕暮れ
議員団です (2)
駅頭で
駅頭です
猫と私
弁護士をたずねて
梅村さん応援
家の猫
議会報告
あんずの花
川岸地域視察
戸田かけはし特別支援学校
44960 (2)
むとう葉子2
駅頭 (3)
街宣
視察です
蘭
駅頭宣伝です
むとう葉子 1
市内スーパー前街宣
ネコ1
視察です
街宣3
駅頭
駅
街宣 1
むとう葉子3
花の茂み
ネコ2
梅村さんこんどこそ
むとう葉子 (5)
伊藤岳さんと

my story

 

youko​日記

2021年

 

 

 

 

6月4日

「川岸地区の生活環境を守る会」と共に、菅原市長へ5700筆の『物流施設建設計画に反対の署名』を会派代表として手渡しました。

代表の徳川さん、小南さん、メンバーの萩原さんから、「地域住民がトラックで交通渋滞が起こることも問題ですが、何よりも交通事故の危険が高まります。私達の命を守って下さい」と切実な訴えがあり、市長も真剣な表情で受け取っていたことが印象に残りました。

 市民が声を上げなければ、「自治体にとって、何も問題にならなかったこと」を考えると、この活動に参加し、応援してきたことが本当に良かったと感じる瞬間でした。

 

5月31日

 6月定例会開催。補正予算の中に、スクールサポートスタッフ(新型コロナに関わる環境整備のスタッフ)の減額補正がありました。詳しい内容を調査し、質疑の準備を進めてます。

5月30日

 フードパントリー「ひなたぼっこ」のお手伝い。初めて、戸田市のボタンティアセンター「トマト」をお借りての開催。新型コロナワクチン接種会場となっている、東部福祉センターは当分、利用できないことによるものです。

施設長さんとも初めてお話をして、学習支援にも場所を提供したいと前向きな提案をいただきました!!

​ 途中で抜けて、戸田公園駅にて、初めての「守る会」署名活動に参加。日曜日の昼過ぎというで、川岸地区の問題を丁寧に聞いてくれる方が多かったように感じます。

 

5月29日

 戸二小の運動会が、新型コロナ感染対策により、スポーツウィークというかたちで開催されました。「川岸地区の生活環境を守る会」からの提案を受けて、物流施設建設計画の周知と署名集めに参加。久しぶりに会う保護者の方々と短い時間でしたが、交流できました。

 午後は、物流施設建設を予定している野村不動産との協議に参加。他にも議員が傍聴していました。企業側の専門家がいなかったため、「守る会」が指摘している箇所についての改善策が示されませんでした。「現在の解体工事車両がすれ違う時にも自転車レーンを踏んでいる。それでも安全だというのか?」「障がい者福祉会館に通う方々は、トコバスに乗ってくる方もいる。横断歩道を渡るときの安全確保は?」という質問に応えられていない状況で2時間以上が経ち、協議を打ち切ろうとする姿勢に腹が立ちました。

 発言は控えていた私でしたが、最後に、「これだけの問題がある地域に物流施設を建設するのにゼロ解答ですか?そもそものコンセプトを間違えている。計画の変更をお願いします。」と。もっと言いたいことは山ほどありましたが、いつもの2割に抑えました。帰宅してから、もっと言うべきだったと後悔しました(´;ω;`)。

 

5月25日

 6月定例会、一般質問の通告をしました。

件名1)DV防止対策の拡充について(これで3度目!!)

件名2)水害避難について(ずっと質問したかった内容)

件名3)落ち葉の対策について(とても綺麗な並木と共存したいという想いから・・・)

 

5月24日

 午前は、議案等事前説明。その後、議会運営委員会を傍聴。午後は健康福祉常任委員会にて、新型コロナワクチン接種状況の報告がありました。(他、保育幼稚園課より待機児の報告、児童青少年課より学童の待機児の報告)

 戸田市における65歳以上の高齢の方は、7月でワクチン接種完了の予定です。

・現在、市庁舎内「ワクチン予約おたすけ窓口」が開設され、市の職員が予約のお手伝いをします。各町会にて6月7日~16日まで、ワクチン予約のお手伝いを行います。必ず、接種券をご持参ください。

・戸田市コロナワクチンもったいないバンクのご登録について:接種券を持っている方。キャンセルが出た場合連絡し、2時間程度で接種をお願いする場合があります。接種場所は選べない他、電話に出られなかった方や不在で折り返しをしても案内できません。

 

5月7日

●DV支援。先月の相談支援に引き続き、本人の意向と課題抽出を行い、今後の計画について検討しました。

 

5月6日

 さいたま市長選挙の応援に。あったか市長の当選に向けて、演説10回、頑張りました!!

 

5月5日

 子どもの日。夕方、福島を出発したので、帰宅途中は混雑も無くスムーズでした。雪が残る福島から埼玉へ近づくと気温の上昇を感じました。関東は暑いね(^^;

 

5月3日

 母の命日。亡くなった時のことは、今でも鮮明に思い出します。眠っている栗の木の下で、私の家族が無事に進学したことを話すと母の声が聞こえてくるようです。息子を見せることは出来なかったけれど、「こんなに大きく成長したよ。今日も雪囲いを外して納戸に納めてくれたよ」と伝えました。

5月2日

 ホームページの更新が終了し、午後から母の眠る福島へ。明日は、母の命日。

今回は、次男と三男が部活動で、長男だけを連れて。福島までは、約4時間かかるため一人で運転するにはキツイと思うこともあります。長男が免許を取ったら、運転を交代してくれるかな・・・。

 

5月1日

 「川岸地区の生活環境を守る会」が作成した署名が完成し、地域を回りながら署名活動。

まだ知らないという方々に説明しています。説明を聞いて下さった方の殆どが署名をしてくれました。これからが、頑張り時ですね。

 

4月30日

 朗報です。4月16日、健康福祉常任委員会での「生活資金貸付条例の廃止に関するパブリッ

クコメントの実施について、各委員から出た意見を受け、執行部より同条例の廃止を考え直す

旨の連絡があり取り急ぎの連絡を貰いました。委員会での発言が、行政を動かした結果を嬉し

感じます。(本来、報告は委員会を開催しなければなりません。連休明けに確認します)

 

4月29日

 むとう葉子の3月議会報告を開催。雨が降る中、約30名の参加者があり、和気あいあいと

議会報告を行いました。

​日本共産党の3月議会報告チラシに沿って、一般質問から順に説明し質疑を交えました。

 

4月28日

●昨日のDV相談を市の担当課に繋ぎました。これまでも、戸田市の相談業務については議会でも質問を繰り返してきましたが、またもや、相談体制と対応に疑義が残りました。一般質問で、相談窓口の強化を求めることとします。

 

4月27日

●DV相談。記録は控えます。

 夕方のベルクス前宣伝。3月議会報告を行いました。ビラを受け取ってくれる方々、また地元ということもあり、知り合いが手を振ってくれました。

 

4月25日

 日本共産党県党会議。密を避けるため、オンライン会議となりました。

 

4月23日

●戸田公園駅頭宣伝。戸田市議会3月議会や委員会の報告を行いました。後援会の皆さんに求められていた報告は、「75歳以上の医療費2倍化の撤回を求める請願」と「(仮称)戸田市川岸2丁目物流施設計画における児童生徒、周辺住民の安全確保を求める請願」についてでした。

 

4月22日

●田辺三菱製薬跡地の物流施設建設計画についての法律相談:

「川岸地区の生活環境を守る会」の方と共に、東京法律事務所へ出向き、相談をしました。近隣住民がこれまで紳士的な活動をしてきたのに、野村不動産は協議のテーブルにつかないと話し、これまでの動きを説明しました。

(今泉弁護士・加藤弁護士)

・解体工事や(今後の)建設工事の騒音・粉塵・振動被害→いつかは終わることだが、データ(証拠)を収集。

・市長への要望→請願の内容を守ってもらうこと。そもそも立地に無理があること(自治体の都市マスタープランは 必須事項)等。

・野村不動産に対する交渉→直接、要望書を本社に提出。受け取らない場合、「不誠実な対応」として記録(動画)に残すこと。

・署名(案)についてのアドバイス→「わかりやすく」が基本(長い文章はNG)。自治体には、できることと出来ないことがあるため、説明と話し合いに応じるように求めてはどうか。

他にも無料相談会の開催についても助言をいただき、1時間以上におよぶ懇談(相談)となりました。最後に「戸田市の条例を確認してから、現地視察をしたい」との発言があり、「とても丁寧な弁護士さんと会えて良かった」と守る会の方と話しました。

 

4月21日

 後援会会議に参加。29日開催予定の議会報告について協議しました。3月議会での討論については、高齢者いじめともいえる介護保険料の値上げや75歳以上の医療費二倍化法案に関する請願が不採択になるなど、改選後の議会とは思えないほど高齢者の声を無視していました。しっかりと市議会の空気をお伝えし、民意を反映できる議員を増やしていただきたいと思います。

 

4月20日

●介護の生活相談:戸田の友人からの相談。川口に実家(お父様とお母様で暮らしています)で最近、お父様の認知症が進み、日中も目が離せない状況ということで、お母様が困っているとのこと。具体的内容は、食事をしたことを忘れる、トイレにスリッパを入れてしまう、夜中に電話線をハサミで切る等、昼夜逆転もある様子。これまでも「物忘れ外来」の利用をしてきましたが、今後はディサービスを利用して生活リズムを整えたいことやお母様の休養も必要という話になりました。

 介護保険制度の利用で様子を見てみようということとなり、住所に近い地域包括支援センターを紹介。申請の流れについても簡単に説明しました。

 

4月19日

●先月の介護相談:要介護認定の区分変更申請を行い、認定調査が行われました。ケアマネジャーと息子様が立ち合いのもと、調査が行われたとの報告。4月より毎日(土日も)ディサービスを利用することで独居生活を維持しておりますが、介護保険内では賄えないため、外れた部分は10割の負担を家族が担っております。

 この状況で、長い時間、アルツハイマーの独居生活を支えることは出来ません。実態が介護認定に反映されなければならないと思います。

 

4月18日

 日本共産党地区党会議。選挙管理員としての役割を終えました。

 

4月16日

●議会広報特別委員会:3月議会の「議会広報」の最終チェック。「討論」の部分は、市民にわかり易くするため、緑色の見出しにすることで一致しました。今回の議会広報は、議員を身近に感じていただけるよう『特別編part1 議員のご紹介』というページがあります。スーツ姿ではない普段の様子が見られますので、是非、読んでください。

●健康福祉常任委員会:3つの報告案件。

・ひとり親世帯で低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援給付金が支給決定

・戸田市新型コロナワクチン接種スケジュールにおける変更

・「戸田市生活資金貸付条例」の廃止の報告

 戸田市はこれまで、生活にかかる資金の融通が困難な方に対し、生活資金の貸し付けを行ってきましたが、近年の利用者が少なく、他の制度における貸付事業(生活困窮者自立支援制度の総合支援資金、緊急小口資金)が機能しており、利便性が高いことから廃止を検討しているとの報告。市民の声を反映させるために、意見の募集を行うというものでした。

質疑の中で、この制度を廃止したことによる市への影響は、特にないことや利用率が高い総合支援給付金や緊急小口資金と重複して借りる事が出来る制度であることがわかりました。

「現在、コロナで大変な生活を強いられている市民が多くいる時に貸し付けの廃止というのは、冷たいメッセージと受け取られるのではないか」「市への影響がないなら、今、行うべきではない」「戸田市生活資金貸付については、これまでも世帯主の保証人が必要であり、借りたくても借りられない方々がいるため改善を求めてきた。廃止するより、先ずは利用しやすくするべき。」といった発言が相次ぎましたが、担当課は「生活困窮者自立支援の相談事業を充実させていく」という答弁。

相談業務とは、様々な個別の相談を聞き、課題を抽出して課題解決のために支援へ結びつけることです。相談事業の充実というなら、尚更、個別に対応できる様々な支援が無くてはならないと発言しました。

 

 

4月13日

 田辺三菱製薬跡地の物流施設建設計画に対する説明会を実施しました。

私の後援会員を集め、「川岸地区の生活環境を守る会」から5名の方々が参加し、丁寧に説明を

行ってくれました。

質疑の中では、「法律を守っているとは言え、大手の企業なら説明会くらいはしっかりとやる

べき。説明させることが大切。」との意見や「国の基準緩和で45フィート(18メートル)

ものトレーラーが通ることが可能となったのであれば、国会議員にもこのような実態を見ても

らう必要があるのではないか」との意見が出され、とても心強い意見をいただきました。

​ 

4月12日

 互助会会計監査。令和2年度は、新型コロナで予定していた互助会のイベントは全て中止になったこと等、また改選前、各議員に返金があったこと等の確認をしました。

●生活相談:80歳代の高齢者世帯で、共働きをしてきたが、病気の悪化もあり仕事を辞めたいが、食べていけないという理由から仕事は辞められないとのこと。二人で仕事をしている現在であっても、生活保護受給の金額以下であることがわかりました。生活保護の受給を希望するが、申請が通るのだろうかと心配していたため、生活支援課に予約を取りました。

 本日、生活支援課に同行し、申請へと繋ぎました。

4月10日~11日

 日本共産党戸田市議団3月議会報告のチラシ担当となり、休みは紙面づくりを頑張っています。

 

4月9日

 議会広報特別委員会。3月議会広報の内容をチェック。今回の「議会知っトコ」では、初めての議員紹介を載せることになっています。各議員は、自身の普段の様子がわかる写真を提出しています。

 ある委員より「むとうさんの写真はとても楽しそうですが、何の写真でしょうか。キャプションを付けてはどうでしょうか」との質問に対し、質疑した結果、キャプションを付けるかどうかは自由となりました。

 楽しいページ作りに奮闘しています!!

 

4月8日

 村岡正嗣県議と日本共産党戸田市議団で、川岸地区の物流施設建設予定地を視察。川岸地区の生活環境を守る会の方より説明を受けました。出来上がったばかりの模型を囲み、戸田市の都市計画を行ったことのある専門家から交通事故の起きやすい場所、企業から出された資料で18メートルもあるトレーラーの軌跡図についても疑義があること等の説明がありました。

 県議との交流の中で・・・。市民が一体となることの大切さ。「川岸地区の安全を守ること」の視点で、行政だけでなく野村不動産に直接、要望していくこと。市議会だけでなく、地元の県議にも説明すること。活動の提案として出されました。

●午後、私は中学校の入学式に参加。夫は公立高校の入学式に参加。ホッと一段落です♪

 

4月7日

 東後援会会議に出席。田辺三菱製薬跡地に関する情報が知りたいとの声を受けて、4月13日(火)東部福祉センターで、「川岸地区の生活環境を守る会」より説明会を開催していただくことになりました。当日は、実際の現場を再現した模型展示も行う予定です。

4月6日

 田辺三菱製薬跡地の物流施設建設計画について。

●東京法律事務所の今泉弁護士に電話で相談しました。これまでの概要を説明。解体工事における相談が多いこと、また『川岸地区の生活環境を守る会』から出されている質問をしました。

Q.反対と書かれた「のぼり旗」を掲げることについて。

A. 問題なし。「客観的事実」を元に反対するのは当然の行為であり、ウソが無ければ問題なし。私有地のどこか  に出すという前提で。「表現の自由」の範囲内。

Q.団体の名前を出した「のぼり旗」について。
A. 自分達は正しいことをしているという表明になるので、堂々と出した方が良いのではないか。

Q. 騒音、振動、粉塵被害について。
A. 差し止め請求または、慰謝料の請求となる。

詳しく話を聞くため、今月22日に相談予約を取りました。

●みんなの居場所『ひなたぼっこ』の全体会議に参加。学習支援で利用してきた福田内科様の待合室が、新型コロナのPCR検査等に利用されることによる場所の移動について話し合いました。

 学習支援事業をスタートしてから約3年が経ちましたが、現在では5教科の先生が対応してきたことに深く感銘を受けました。元小学校の教師や中学・高校の教師、大学生がスタッフとして関わり、沢山の子ども達の悩みや進学をサポートしてきたことを知りました。そして場所を無料で提供して下さっていた福田さんには感謝致します。

​ 今後の見通しが立たない状況ですが、一旦、4月いっぱいで休止し、「みんなの食堂」と併せて、8月には再スタートしたいということになりました。

4月4日

 戸田公園駅に15区市民の会の演説会に参加。私は「日本共産党」の旗、お届け係でした。立憲民主党の高木錬太郎さんの演説を始めてお聞きしましたが、とても良かったです。

●戸田市の不動産屋さんから連絡があり、田辺三菱製薬跡地の物流施設について話を聞きたいとのこと。お客様とご一緒に地域の実情を知りたいということで、物流施設の模型展示会へ案内、同行しました。模型を作って下さった作山さんも展示会場にいたことから、詳しい説明をいただきました。ありがとうございました。

 

4月3日

 田辺製薬跡地の物流施設の説明会に参加。ビィヨルド(マンション名)は、田辺製薬跡地と戸二小の間にある大きなマンションです。質疑応答の中で、戸田市としてはこの問題にどう向き合うのかなど、住民の切実な声を聞いてきました。また現在、解体工事が進められていますが、マンションの高層階は音が響いて自宅に居られないとのこと。騒音を図る機械を購入して図っているデータも示していただきました。

 これまで、振動や騒音被害については、その時点で市の環境課や田中建設に直接、苦情を訴えていくという方法を取ってきましたが、最近ではノイローゼになり通院しているとの声もいただくようになっています。

●戸子連会議:今年、初めての常任理事会。新型コロナで、各イベントの中止を余儀なくされてきました。皆さんが無事、元気にお顔合わせが出来て良かったと思います。

また「武藤さん、頑張って下さいね。Twitter、見ています」と、声をかけていただき嬉しかったです。

 

4月2日

 地域のラジオ体操に参加した後、火事の焼け跡の解体工事現場で喜沢工業さんから報告をいただきました。

昨日、全ての解体工事が終了しましたとのこと。早い対応と丁寧な解体工事をして頂けたことに感謝いたします。

・戸田市議選選対会議:総括文章のチェック。普段からのSNS発信が重要であったことを指摘しました。

・「75歳以上医療費2割化の撤回を求める意見書を政府に提出してほしい旨の請願」について請願者より、討論内容が知りたいとのこと。メールにて原稿の送付。立憲が反対したのは何故かという問いには、答えられませんでした。

 

川岸説明会.JPG
44960 (2).jpg
署名国会提出

2020年11月20日

 日本共産党戸田市議団で集めた「新型コロナウイルス~」の署名(1428筆)を伊藤岳参議院議員と塩川哲也衆議院議員に手渡しました。(於:国会)

1.15国会.png

2021年1月15日

 みなさんとご一緒に集めた「新型コロナウイルス~」の署名(第二次)(1577筆)を小池書記局長、伊藤岳参議院議員に手渡しました。(於:国会)

​画面をクリックして下さい

 

プロフィール :    1974年 東京都豊島区巣鴨生まれ

東京農業大学短期大学部栄養学科卒  同大学生物産業学部食品科学科卒

■資格:栄養士、介護福祉士、ケアマネジャー 

■2009~2013年   子育てしながら自宅でパン教室を開催

    (ABCクッキングスタジオ・パン&ケーキ ライセンス)

■喜沢南保育園保護者会長、戸田第2小学校PTA役員、喜沢中学校PTA役員、

   戸田市子ども会育成連合会常任理事を歴任

■2017年戸田市議会議員に当選(2期) ■家族 夫と息子3人(大1、高1、中1)

■住所 喜沢南2-6-2■電話/Fax 048-442-3599(むとう事務所)

◆所属委員会:健康福祉常任委員会 議会広報委員会 蕨戸田衛生センター組合議会議員 

 
 

​リンク

日本共産党戸田市議団 http://www.jcp-toda.net

日本共産党埼玉県委員会 http://jcp-sai.jp/

日本共産党埼玉県議会議員団 http://www.jcp-saitama-pref.jp/

日本共産党中央委員会 http://www.jcp.or.jp/

 

​むとう葉子旧HP(~2019)http://mutouyouko.web.fc2.com/index.html/

むとう葉子ツイッター https://Twitter.com/youkomuto

花井伸子のわが街ニュース(ツイッター) https://twitter.com/871news

 

梅ちゃん通信(梅村さえこホームページ)https://www.jcp-umemura.jp/

梅村さえこツイッター  https://twitter.com/umemura_saeko 

伊藤岳(ホームページ)https://ito-gaku.jp/

伊藤岳(ツイッター)https://twitter.com/gaku_ito

 

戸田市 http://www.city.toda.saitama.jp/

戸田市議会 https://www2.city.toda.saitama.jp/gikai/

​​小池晃ユーチューブ

 

お問い合わせ

事務所(仮)所在地

 

〒335ー0016

埼玉県戸田市下前1ー10ー35

Tel/Fax: 048-442-3599

i19414034@gmail.com

鎮火御礼.JPG

お問い合わせにはこちらのフォームをご利用ください:

メッセージを受信しました

赤旗ロゴ.png

​アクセスカウンター

SINCE 2020.5