※このホームページは「Google」「GoogleChrome」または「Egde」ウェブ標準ブラウザ最新版でご覧ください。他のプラウザでご覧いただく場合はコンテンツの一部をご覧いただけない場合があります。

こんにちは

むとう葉子です

new
ume.JPG
コロナ赤旗.png
コロナに負けない.png
  • Twitterの社会のアイコン
  • Facebook

二期目を目指して頑張ります

比例は日本共産党

new

​むとう葉子パンフご覧下さい

 

誰もが

 

​大切にされる街を

 

 

​新着情報

 

youko​日記

 

2020年

my story

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10月22日

 ベルクス前宣伝。日本共産党の政策宣伝と戸田市議会の報告のお訴えをしました。

​道行く人から、「頑張って!!」の声。とても、嬉しかったです。

10月21日

 日本共産党戸田市議団会議。日本共産党の良さとは??の議論。

「財源の有る無しに関わらず、市民の命と暮らしを守ること」。

そこが一番、大事ですね。

 

10月20日

 議員が歩くと要望が集まります。

本日は、後援会の方と一日、地域の訪問を行いました。高齢者で、「土のうが、運べない」「コマーシャルでも宣伝しているマイナンバーカードが、使えない。(戸田市の窓口対応が悪い)」「福祉センターのカラオケが壊れた」「歩道の真ん中に電柱があるので移動してほしい」「横断歩道なのに、段差があって、とても危険」「道の途中から不思議な水が出ている」など、地域の課題は山積しています。

 直ちに、担当課に連絡し、対応してまいります。

 

10月19日

 生活相談。相談者と市の担当職員、事業所の相談員とのカンファレンスに参加。

家族関係の問題から、自立を希望されている方への支援を関係者と話し合いました。

 相談業務の基本は「利用者本位」です。本人の話を聞き取りながら、出来うる限りの支援策を模索することが大切です。

 今日、解決できないことについては、今後も付き添い、本人が納得できる方向へと支援していきます。

10月18日

 午前は、伊藤岳参議院議員の秘書さんと地域を訪問。戸田市や国への要望を集めて、今後の活動に活かす取り組みにしました。

 午後は、戸田市議会9月定例会「むとう葉子の議会報告会」を開催。ソーシャルディスタンス

を保ちながら、少人数での開催となり、アットホームな雰囲気の中、自由な発言を聞くことが出

来ました。私が理想としていた報告会は、「みんなで考える会」です。また、少人数で行いましょう。

 

10月16日

 毎週、金曜日の夕方に行っている戸田公園駅頭宣伝では、日本共産党の政策のお訴えと戸田市議会の報告を行っています。新型コロナウイルス感染対策は、国だけでなく自治体の対応にも注目が集まっていることを感じます。

 本日は、国会議員の伊藤岳参議院議員が参加し、演説している間、日本共産党が発行する新聞「赤旗」の見本紙の受け取りがとても良かったという声を頂きました。

 演説を近くで聞くことで、改めて「私も頑張らなくちゃ!!」と、思いました。

10月15日

 戸田市議会 議会広報委員会にて9月定例会の「広報とだ」について審議。

 戸田市議会 健康福祉常任委員会では、報告案件6件、3つの協議会(民間保育園、民間学童保育室、介護施設)との懇談について、検証を行いました。委員1人1人から課題と意見を出し合い、市へ要望書を出すことが決定しました。

 協議会との懇談における共通点は、新型コロナウイルス感染が起こる以前から、職員の不足が挙げられます。そこに新型コロナウイルス感染対策が、更に追い打ちをかけ、仕事量が増えたこと、また職員の安全も確保できない状況の中で、辞めていく方々がいたことなど深刻な状況でした。

 私から「職員が安心して働き続けられるよう処遇改善が、何よりも必要」と発言したのに対し、他の委員から、「処遇改善は国が責任をもってやるべきことであり、自治体ができることではない。人材バンクを有効につかうべき」という発言。そこで私は、「私も国がやるべきだと思っているが、国がやっていないから困っているのでしょう。戸田市がより良い自治体として先進事例を作ればいい。人材バンクで人数だけを補充すればいいというものではない。長く働きながら、研修を積み、保育や介護の質を向上させることが出来るような職員を増やすべきです。災害時、どうしても人の力が必要だというときに人材バンクという手段が必要になるかもしれないが、潜在している(資格は持っているが働いていない)保育士や介護職員だけに頼らず、若い高校生や大学生も目指す希望ある職業にしていかなければ、今後もずっと不足する。戸田市に対して、処遇改善の要望をだすべきです。」と発言し、要望書に盛り込まれることとなりました。

 

10月14日

 戸田第二小学校の花壇に花苗を植える地域活動に参加。新型コロナウイルス感染対策で、学校行事が中止となる中、子ども達と花苗を植えて楽しい時間を過ごすことができました!!

 教頭先生から「授業の中で、種から育てる花や野菜はありますが、今日、子ども達が植えた花苗がすくすく育ち、毎朝、登校する子ども達の楽しみのとなればいいなと思います。」と暖かい言葉が寄せられました。また、立ち会っていた教育実習生は戸二小出身の大学生で、とても優しいお兄さん。

 私は子ども会から連絡を受けて参加しましたが、他にも学校応援団や町会等、地域の方々と子ども達が交流できる大切なイベントになっているのだと感じました。

10月13日

​ 生活相談。

●メールでの相談を頂いた方と直接、お会いし面談しました。家族内不和による課題が多いことから自立を希望されていました。まだ若いけれども、いずれは自立しなければならないこと等を考慮し、今回のことをきっかけに今後、どのように支援できるかご一緒に考えていきます。

●休業補償の件で相談に来られた方は、[新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金]申請の期限が9月30日までだ思っていたことから、本日、厚労省の相談ダイヤルにしました。新型コロナウイルス感染対策による休業に協力をした中小企業(3月~9月末)への休業支援金・給付金の申請期限は、12月までとなっていることを確認しました(詳しくは厚労省の休業補償HPを見て下さい)。

今回のケースでは、企業側にも連絡を取り、必要な特記事項の記入をお願いし、申請書類を郵送。記入後は、勤務しているご本人に渡していただくこととなりました。

 

10月12日

 戸田市議会健康福祉常任委員会にて、介護事業所との懇談を行いました。

​新型コロナウイルス感染対策での施設運営について、3月、4月、5月の利用者数の減による収入減は、未だに埋められないとのこと。普段から介護職員の確保が難しい中、職員の感染リスク、施設内の消毒等、仕事が増えていることなどが理由で辞めていく方もいるとのこと。

 利用者さんやその家族においては、利用者さんが感染することで、家族へ広がることが懸念され、通所サービスを休みがちになること。特に認知症やおむつ交換が必要な方々が自宅で放置されてしまうこと、介護する家族の負担が増えることなど、沢山の課題が語られ、言葉を失いました。

 私から、「介護職員が、定期的にPCR検査を受けることが出来るなら、少しでも安心して働くことができるのではないか」という質問で「(要望というわけではないが)安心して働くための一つにはなります」とのこと。また他の委員からは、「処遇改善が何より必要なのではないか」といった話があり、「本当にその通りです」との話がありました。

 今回で健康福祉常任委員会での懇談(3団体)は、全て終了しました。まとめを報告いたします。

私個人としては、障がい福祉事業所との懇談も行いたいと思い、提案しましたが、戸田市内に協議会がなく、代表との懇談が難しいことから行えませんでした。

​●昨日の相談内容は、明日、報告いたします。

10月11日

 三男坊を連れて、整形外科へ。骨折部分は、順調に治っているようで、良かったです。

「親心子知らず」で、一緒に歩くことを拒む年齢になってきているようです😢。

 ●昨日、メールにて生活相談の依頼がありました。明日、電話にて面談日を設定することとしました。

 また、お電話にて休業補償に関する相談があり、夕方、面談を行い、厚労省に確認することとしました。

 

10月10日

 「むとう葉子」パンフレットが仕上がりました!

約1ケ月掛かりましたが、地域の皆さまのご意見で「公約」が出来上がりました!!

網羅しきれない細かな事業実現に向けて、パンフレット第二弾も考えております。

 来週、木曜日に出来上がります(⌒∇⌒)

 

10月9日

 戸田市議会 健康福祉常任委員会にて、民間学童保育室との懇談会。親が安心して働くうえで最も重要なことは、学校に通うようになっても、子どもが育つ過程の中で大人に見守られながら、安心して育つということだと思います。

 印象的だったことは、民間学童保育室の運営において、学童に通う子供の数が、直接、収入にひびくことから、人件費が安く設定せざるを得ないこと、また指導員の人材確保に、とても苦慮しているとのことでした。

 自民党の委員より、公立学童保育を委託や指定管理にしてはどうかとの提案がされた際、「この事業において、委託や指定管理にする際、安くなるからといった理由はあたらない。むしろ、質を高めるという観点から、予算としては高くなると考えて欲しい」との話があり、「もっともだ」と感じました。

 民間保育園と同様に沢山の発見があったので、後日、レポートにまとめますね。

 

10月8日

 いつも感じること。黙っている方が波風たたないこともあるかもしれませんが、市民の付託を受けているため、汗をかきながら発言しています。

 戸田市議会 議会広報特別委員会にて。9月定例会議会広報の表紙、大見出しについて。「令和元年度決算を認定」のあと、「45億2067万円を令和2年度に繰り越し!!」というサブタイトルは、市民にわかりにくいことから監査報告の内容である「健全財政を堅持!!」に変更してはどうか、と提案しました。しかし、自民党会派の委員より、議会が認めているわけではないことから、「議会広報紙」に載せることはいかがなものかと言われました。委員長は、「むとうさんの言う通り、健全財政であることは監査委員が認めているところだが・・・」との発言がありました。結局、私の提案は通らなかったのですが、議事録には残ります。宣伝にて報告いたします。

 

10月7日

   久しぶりに小学6年生の「読み聞かせ」。初めてのZOOMでの読み聞かせに昨晩は緊張して、あまり眠れずに、絵本の選定。詳しくは、Facebookにアップしました。

 生活相談。5月より相談をいただき、生活困窮者自立支援事業に繋ぎ、担当のスタッフと連携して、一つずつ課題解決してきました。滞納整理からパートナーの介護保険サービス導入。パートナーの癌が発覚し、緩和ケア病棟入院。

 安倍政権による緩和ケア病棟、2ケ月経つと退院させられる制度改正には、私もご家族も担当スタッフも頭を悩ませ、民医連の友人に連絡。転院も考えました。10月1日、パートナーが亡くなるまで、担当スタッフが病院から説明を聞き、葬儀全般や進めてこられたとのこと。とても感謝しています。今後の生活もご一緒に進めて行くお話をしました。

 

10月6日

 戸田市議会 健康福祉常任委員会にて、戸田市民間保育園との懇談会。新型コロナ感染対策での保育現場の話は保育士さんにとっても命がけで子ども達を守ることに必死で、今まで感染が出なかったことは「運が良かった」としか言いようがないとの本音もありました。埼玉県への要望書も資料として提供して頂きました。

 

10月5日

 老眼かな?コンタクトレンズが合わないわ…と不安になり、いつも通っている池袋の眼科&コンタクトレンズ屋さんへ。コンタクトの汚れを取り除いていただくと、アラ、見える!!

でも、古くなったから買い替えました。まだ、老眼は、殆どないとのことで、ホッとしました。

 

10月4日

 戸二小ジャガーズ、マクドナルド杯に出場。鎖骨を骨折している息子と親子で応援しました。

残念ながら、負けてしましましたが良い経験に思えます。息子も試合に出られない悔しさとチームが負けてしまった悔しさを経験し、今までに見たこともない複雑な表情をしていました。

 

10月3日

 配偶者暴力相談支援センター設置について、他市の日本共産党市議会議員と懇談しました。戸田市におけるDV相談窓口がしっかりと機能するよう、課題解決に向けての整備をどのように進めたらよいか助言をいただきました。

10月2日

 戸田市長へ令和3年度予算要望書を手渡し、懇談を行いました。

新型コロナウイルス感染対策は引き続き行う姿勢と災害対策の強化では、党市議団と同じ意見だったと感じます。また国民健康保険税や介護保険料の問題について、市長は、自治体裁量というよりむしろ「国の責任で」との判断。考え方としては間違っていませんが、国がやらないことは自治体がやらざるを得ないのだと、私は思います。

 最後に菅原市長より、「市民の方々から頂いた税金は、しっかりと市民のために使います。」という話があり、40分間の懇談は終了しました。

 

10月1日

後援会会議に参加。今年のリンゴ狩りや餅つき大会は、新型コロナ感染対策で行わないことが決定しました。地域の方々との交流行事が行えないことは残念ですが、先ずはしっかりと感染拡大を抑え込むことが大切だと思います。

 

 

戸田公園夕暮れ
視察です
駅頭宣伝です
フードパントリーです
市内スーパー前街宣
後援会のみなさんと
ネコ1
視察です
視察です
街宣3
ネコ2
駅頭
駅
街宣 1
花の茂み
街宣2
視察です
視察です
蘭
2020_5_24電話相談
梅村さんこんどこそ
議員控室1
むとう葉子 1
むとう葉子2
むとう葉子3
後援会のみなさんと
むとう葉子 (5)
議員控室
伊藤岳さんと
 
 

プロフィール :    1974年 東京都豊島区巣鴨生まれ

東京農業大学短期大学部栄養学科卒  同大学生物産業学部食品科学科卒

■資格:栄養士、介護福祉士、ケアマネジャー 

■2009~2013年   子育てしながら自宅でパン教室を開催

    (ABCクッキングスタジオ・パン&ケーキ ライセンス)

■喜沢南保育園保護者会長、戸田第2小学校PTA役員、喜沢中学校PTA役員、

   戸田市子ども会育成連合会常任理事を歴任

■2017年戸田市議会議員に当選(一期) ■家族 夫と息子3人(高3、中3、小6)

■住所 喜沢南2-6-2■電話/Fax 048-433-5066(むとう事務所)

◆所属委員会 健康福祉常任委員会 議会広報委員会 戸田競艇企業団議会議員

 

日本共産党戸田市議団 http://www.jcp-toda.net

日本共産党埼玉県委員会 http://jcp-sai.jp/

日本共産党埼玉県議会議員団 http://www.jcp-saitama-pref.jp/

日本共産党中央委員会 http://www.jcp.or.jp/

 

​むとう葉子旧HP(~2019)http://mutouyouko.web.fc2.com/index.html/

むとう葉子ツイッター https://Twitter.com/youkomuto

花井伸子のわが街ニュース(ツイッター) https://twitter.com/871news

 

梅ちゃん通信(梅村さえこホームページ)https://www.jcp-umemura.jp/

梅村さえこツイッター  https://twitter.com/umemura_saeko 

伊藤岳(ホームページ)https://ito-gaku.jp/

伊藤岳(ツイッター)https://twitter.com/gaku_ito

 

戸田市 http://www.city.toda.saitama.jp/

戸田市議会 https://www2.city.toda.saitama.jp/gikai/

​​小池晃ユーチューブ

 

お問い合わせ

事務所所在地

 

〒335ー0014 

埼玉県戸田市喜沢南2ー5ー16

Tel/Fax: 048-433-5066

i19414034@gmail.com

お問い合わせにはこちらのフォームをご利用ください:

赤旗ロゴ.png

​アクセスカウンター

SINCE 2020.5

​リンク

Copyright(c)2020  Mutou Youko supporters. all right reserved.

  • さえずり
  • Facebook
街宣 1