※このホームページは「Google」「GoogleChrome」または「Egde」ウェブ標準ブラウザ最新版でご覧ください。他のプラウザでご覧いただく場合はコンテンツの一部をご覧いただけない場合があります。
new

市議会議員選挙が終わりました

​選挙結果です。

​公約実現のため、頑張ります。

コロナ赤旗.png
コロナに負けない.png

こんにちは

むとう葉子です

  • Twitterの社会のアイコン
  • Facebook

 

誰もが

 

​大切にされる街を

 

 

選挙結果ビラ 2021年1月31日.jpg
鎮火御礼.JPG

​新着情報

 
 
戸田公園夕暮れ
むとう葉子2
駅頭 (3)
街宣
駅頭
街宣 (3)
視察です
蘭
議員控室1
駅頭宣伝です
フードパントリーです
むとう葉子 1
市内スーパー前街宣
後援会のみなさんと
ネコ1
視察です
街宣3
駅頭
駅
街宣 1
街宣 (2)
むとう葉子3
花の茂み
街宣2
視察です
ネコ2
駅頭 (2)
2020_5_24電話相談
梅村さんこんどこそ
むとう葉子 (5)
後援会のみなさんと
議員控室
伊藤岳さんと
new

my story

2021年

 

 

 

4月16日

・議会広報特別委員会:3月議会の「議会広報」の最終チェック。「討論」の部分は、市民にわかり易くするため、緑色の見出しにすることで一致しました。今回の議会広報は、議員を身近に感じていただけるよう『特別編part1 議員のご紹介』というページがあります。スーツ姿ではない普段の様子が見られますので、是非、読んでください。

・健康福祉常任委員会:

 

 

3月26日

​ 本会議。3月議会最終日。第8期計画・介護保険料の値上げに反対討論。国保税の限度額引き上げに反対討論。

「75歳以上医療費2割化の撤回を求める意見書を政府に提出してほしい旨の請願」に賛成の立場から討論しました。

 

🌸「(仮称)戸田市川岸2丁目物流施設計画における児童生徒、周辺住民の安全確保」を求める請願は、全会一致で採択。「川岸地区の生活環境を守る会」のメンバーが傍聴に駆けつけ、「異議なし」という議員の声を聞き、感動していました!!一歩前進です。

 

・議会最終日に提出された議案:健康福祉常任委員会に付託され、審査した結果、急遽、アドリブで反対討論。

議案内容は、介護保険で運営される事業所での(有資格者の)配置要件が緩和されるというものであったことから質の低下が懸念されます。現在、コロナ対策で施設等の事業所は、職員の確保にも大変な状況であるにも関わらず、この提案??これ以上、介護従事者が疲弊するとようなことになれば、利用者の命も守れないでしょう。

 あまりにも拙速な審査しかできず、他の議員からも「最終日に出すような議案ではない。しっかりとした審査が出来ないのではないか」と疑義がありました。

3月18日

●健康福祉常任委員会の予算審査・討論・採決

・第8期計画・介護保険料の値上げに反対討論→立憲民主党、公明党、令和会、みらいの会は、全員賛成。

​ 「第6期の計画から戸田市の介護保険料は県内の市で一番、高い介護保険料になっており、市民から高すぎるとの声をいただいてきました。国からの調整交付金が少ないことを指摘し、市が補填すべきと訴えました。また保険料滞納者分まで65歳以上の保険料算定に加えていることを指摘し、保険料を抑える努力をしているとは考えられず、年金で暮らす高齢者の生活と健康を守るべきと反対しました」→賛成討論は、公明党でした。

・国保税の限度額引き上げに反対討論→立憲民主党、公明党、令和会、みらいの会は、全員賛成。

・「75歳以上医療費2割化の撤回を求める意見書を政府に提出してほしい旨の請願」に賛成の立場から討論。

 公明党の三浦議員は、「内容はわかるが文章の中の言いまわしが問題であり、賛同できない。」と反対しました。  

みらいの会の遠藤議員も同様の考えで反対。令和会の斎藤議員のみ「会派で話し合った結果、継続審議を求める」とのことで、審査した結果、反対多数で採択されませんでした。→立憲民主党、公明党、令和会、みらいの会は、全員反対。

​3月17日

●健康福祉常任委員会の予算審査:本日は子ども青少年部所管部分。戸田市において、親の収入の格差が広がりつつあることがわかりました。

​ 令和2年度に保育園の待機児童がゼロになったことは嬉しいことですが、小規模保育園(0歳、1歳、2歳の子どもを預かる保育園)では、近年0歳児の入園が少なく、運営に支障をきたしていることが課題となっていることを報告。これまでも年度途中に、0歳児の枠を1歳児や2歳児の受け入れ枠への変更可能となるような仕組みを要望してきましたが、今回「令和2年度から、年内に1度だけ変更可能としました」と良い答弁がありました!!

他にも民間保育園の運営が新型コロナで大変だという声を届け、保育士を確保するための施策を引き続き行うこと等を要望しました。

 

3月16日

​●健康福祉常任委員会の予算審査:本日は介護保険料の大幅な値上げによる予算、国民健康保険税の限度額値上げに対する質問をしました。

 第8期介護保険料は基準額7500円の値上げに。高齢者の増加で介護サービスの利用料が比例して増加するという構造的な問題があります。さらに戸田市の場合、高齢化率が低いことや高齢者の所得が高いことが理由で、国からの調整交付金(5%)の給付が減らされ、総額5億8000万円減額されることを見込んでいます。これが算定に加わることで、65歳以上の高齢者の大きな負担となっていることを指摘。その分を市が補填して、保険料の増加を抑え、年金暮らしの高齢者の生活を守るべきだと思います。

​ また国民健康保険税の限度額は、毎年、増加していることを指摘。新型コロナ禍で、全世帯が金銭的にも精神的にも苦痛を味わっている時に値上げするものではないと考えます。

 

3月15日

 喜沢中学校の卒業式。新型コロナ対策のため、保護者は1名のみの参加とされ、私が出席しました。小学校から仲良しだった子ども達が、大きくなり・・・。

 部活の顧問に怒られて泣きながら、帰ってきたこと。夏休みの自由研究、「コーラで骨(鶏手羽を使用)は本当に溶けるのか」といった気持ちの悪い実験を親友としていたこと。サッカー部の子達が、英検の勉強をすると言って集まったのに、サッカー観戦で盛り上がり、全く勉強せずに帰宅させてしまったこと。友達の家出に付き合って、夜が明けても帰ってこなかったこと(朝、部屋にいないのでビックリしました!!)。

 いつも、ふざけていた子たちが、真剣な表情で卒業証書を受け取る姿を見ていたら、涙が止まらなくなりました。

可愛かった中学校の友達、本当にありがとう。そして、卒業おめでとう🌸

​●健康福祉常任委員会の予算審査:戸田市には災害で家を失った方やDVでの一時避難所があります。今議会での一般質問でも取り上げた生活保護申請の条件となる居住場所として、空き部屋があれば貸してもらえないかと質問したところ、生活保護申請に限らず、必要に応じて連携して対応するとの良い答弁がありました。一歩前進です!!

3月14日

 日本共産党議員団での予算書確認。国民健康保険税の条例改正について、限度額の見直しに対して意見を出し合いました。また、第8期介護保険計画がスタートの年となる令和3年度。介護保険料の基準額が7500円もの値上げ改定に「待った!!」をかけなければ、年金生活の高齢者はどうなるのか??と話し合いました。これまでも値上げに反対してきたのは日本共産党の議員だけ。議会の力関係(議員の数)からすると、今回も負ける闘いだろう。

しかし、1人会派の立憲民主党議員やスーパークレイジー君議員もいるから、悲観的にならず共闘を呼びかけていきます。来週からも引き続き、頑張ろう(`・ω・´)b

3月11日~13日

 本会議開催。一般質問。

3月11日

 東日本大震災から10年が経ちました。私はパン教室を終えて、まだ2歳だった3男を寝かしつけている最中の地震。布団を被り、寝ている子どもの上に覆い被るようにして、揺れが収まるのを待っていました。本当に死ぬのではないかと感じた瞬間でした。

 そのあとの津波の映像、原発の事故、助かった者として出来る事がないか考える日々・・・。それが、議員になった原点だったのかもしれないと思い出しています。

「どこに生まれ、どこで育っても、明るい未来を子ども達に手渡したい」そう思います。

 

3月10日

 本会議開催。2期目、最初の一般質問でとても緊張しました。「生活保護申請について」。この一年間、新型コロナ感染対策を行った結果、仕事を失った方々から生活に困窮しているとの相談を受けてきました。

これまでの新型コロナ感染対策による特別な支援が打ち切られようとする中、菅首相は「最終的には、生活保護がある」と言い切りました。そうであるなら、自治体の窓口は生活保護申請がスムーズに行われるようにするべきであると質問を組み立てました。全てに納得のいく答弁は得られなかったものの、市とのやり取りの中で、まだまだ改善の余地はあると確信しております。

 

3月9日

 本会議開催。質疑を行いました。私は、防災基本条例について質疑しました。これまでも防災訓練等で、災害に対する備えや準備、周知を行ってきましたが、市民意識調査(無作為で2000人を対象)を行った結果、改めて普段からより具体的な準備が必要だということが分かりました。子どもがいる家庭では、防災に対する話をしている家庭は防災訓練等に出席し、意識が高い傾向があるとのことです。

 

3月8日

 本会議開催。施政方針における総括質問を日本共産党戸田市議団を代表して、本田哲議員が行いました。

 

3月7日

 日本共産党戸田市議団での予算書確認。総務常任委員会の所管部分について協議、確認をしました。

 

3月6日

 田辺三菱製薬跡地に建設予定の物流施設について、企業側からの説明会に参加しました。「川岸の生活環境を守る会」から出された要望においては、通学路を敷地内に設置したことやトラックの左折イン・左折アウトを徹底したことによる改善が示されました。しかし、45フィート(18メートル)のトラック出入りについての報告もあり、新たな課題と感じました。40フィートのトラックでも危険だとしていたところです。

このような規模のトラックが通行するような道幅ではないことから、戸二小通りや東部センター通りでの通行は危険であると判断せざるを得ません。

3月4日~5日

 一般質問で通告している「生活保護申請における扶養照会の義務と無料低額宿泊所の在り方」について調査したのち、担当課と話し合いを行いました。

 

3月2日~3日

​ 昨日の生活相談について、調査を開始。教育委員会学務課に通学区についての通常の流れを確認しました。

また他の議員と共に、この問題に対して対応を検討し、令和3年度までは現在通学中の小学校に通えることとなりました。

 

3月1日

 日本共産党議員団会議。市長に対する総括質問に対する話し合い、再質問の内容を議論しました。新型コロナ対策について、市として何が出来たのか、遅いのかこれからでも間に合うのか、そして市民の暮らしを守るため、国の対策を待たずに支援することが大切。後から国の補助金が出る事もあると話しました。

●生活相談:昨年、引っ越しをした児童の保護者より「現在、(越境して)通っている小学校に引き続き通いたいと思っていて、昨年までいた校長先生に可能だと言われていましたが、今年の校長は、自宅使くの小学校へ転校をと言ってきました。どうしたらいいのでしょうか。」とのこと。本日は、市役所も終わっている時間なため、明日、確認すると約束しました。

 

2月28日

 市民会議に参加。一般質問の準備と質疑の内容を調査しました。

 

2月27日

 PCR検査の結果、陰性でした。一安心です。

 

2月26日

 蕨戸田衛生センター組合議会の予算委員会でした。今回、業務常任委員会では検査の回数が減っていることについて質問しました。東日本大震災から原発の事故を受けて検査を実施してきたが、年々、数値が減っており安全の確認ができていることから回数を減らしているとの答弁をいただきましたが、最近また地震が増えていることから、必要に応じて検査を増やし安全を守って欲しいと要望しました。また特にプラスティックのゴミの出し方について、電子タバコ等が混入し、発火する等の事故が起きていることから廃プラスティックのゴミは、プラマークが付いている物のみという出し方について、周知徹底を要望しました。

●議員互助会費用(全議員対象)で、市民医療センターにてPCR検査を受けました。明日、検査結果が出ます。

 

2月25日

 日本共産党議員団会議。市長の施政方針に対する総括質問について。PCR検査を公費で行う意義を熱く語りました。医療・介護施設、保育・教育の現場で働く方々に対し、定期的に公費でPCR検査を行うことで無症状者を含めた陽性者を早期に発見し保護することで、クラスターを防ぐことに繋がること。また現場で働く方々の検査で、偏見から労働者を守り、市民の安心も担保されることを総括質問に反映させました。

 

2月24日

 本会議開催。予算の詳細説明。国民健康保険税の条例や介護保険の条例など、理解できないところは、担当課長に直接聞いています。質疑通告についても日本共産党市議団会議で、話し合い、明日の会議でも話し合う予定です。

 夕方は、戸田公園駅にて埼玉県労働組合連合会と共に「労働環境の改善を!!」とスタンディング宣伝を行いました。とても寒くて、いてもたってもいられませんでしたが、頑張りました。

 

2月23日

 今日は47回目の誕生日🍰。嬉しくない歳になっていますが、沢山の方々よりお祝いの言葉が寄せられました。

ここのところ、選挙が終わった直後の火事や当選した議員が選管に夜中に呼び出される事件で全国的に有名になっている戸田市のことで頭を悩めていましたが、皆さんの言葉に元気づけられています。本当に、有難うございます。

 98歳で亡くなったおばあちゃんが言っていた言葉を思い出します。

「葉子ちゃん、健康に気をつけなさいね。健康なら、いつでも、やり直せるからね」と。優しい言葉。

 午前は大切な会議に出席し、午後は戸二小ジャガーズの練習試合に参加。毎日、充実した日々を過ごしています。

 

2月22日

 3月定例会がスタート。3月は予算審議。市長からの施政方針が示されますが・・・。​

子どもの安全な居場所づくりやDV相談窓口の充実、高齢者の負担が重いと言われている介護保険料の問題等を取り上げてきましたが、あまり力が入っていないのか??といった内容で残念な印象。コロナ対策についても、市独自の対策は感じませんでした。

 通学路の安全対策として交通指導員の増員は、嬉しいニュース!!水害対策は、引き続き力を入れてます。

​●議会運営委員会での傍聴より。「当選した議員を夜中に選挙管理委員会の職員が呼び出して、取り下げを求めた行為について、大きなニュースになっているが、市から議員への報告は何もないのか」という発言。

「議会軽視なのではないか」との発言に、私もその通りだと感じました。

2月21日

 戸二小ジャガーズの親子大会🥎。年始に行うイベントが延期となっていましたが、開催できて本当に良かったです。ママには優しく投げてくれる子どもピッチャー!(^^)!。子ども達は、ママをアウトにしないための好プレーの続出!!

 その後のコーチとのガチンコ対決は、本気で。6年生にとって、とても良い思い出になったことと思います。

 

2月20日

 戸二小ジャガーズが再開し、久しぶりのお茶当番。暖かくなると聞いていましたが、やはり早朝の道満は寒い。でも5年生も6年生にも会うことが出来て、皆が練習をする姿を見ていると気持ちが良い。楽しいひと時でした。

 

2月19日

 日本共産党戸田市議団会議。来週から始まる3月定例会の流れや情報の共有を行いました。

🌸3月定例会、市民から出される請願の受付締め切り日でした。

 

2月18日

 蕨戸田衛生センター組合の予算審議。

 

2月17日

 一般質問の通告は、予定通り行いましたが、その後、他の会派にもご意見を求めた結果、「川岸の田辺三菱製薬跡地に建設予定の物流施設については、多くの議員が関わっている問題であり、文教建設常任委員会やまちづくり特別委員会でも話し合う内容となりつつある。1人の議員が、一般質問するというより、一枚岩になり議会で取り上げた方が良いと考える」という意見がありました。

 私としては、議員の一般質問の権利はあるものの、市民の声を伝えるために最善を尽くすという観点から、田辺三菱製薬跡地の問題についての一般質問通告を取り下げることとしました。

🌸「ひなたぼっこ」フードパントリー開催の応援に。新型コロナ対策で、いつも利用している福祉センターが閉鎖されている中、地域医療を担う『ふくだ内科』さんが場所の提供をして下さったようです(水曜日の午後は休診です)。地域の方々の支援があり、生活に困っている方の支援が出来る取り組みに参加できて、嬉しく思っています。

 

2月16日

 火事の後に残った建物の解体について、話し合いを進めています。解体と瓦礫の撤去の見積もりを出す際、奥の家屋を解体することになると手作業になるため、手間が掛かる為、見積もり上、高くなるとのこと。あすなろ通り沿いの建物から解体することで重機が入り、安く解体できることがわかりました。また、瓦礫の処分費用は、罹災証明を添付することで免除されます(物品は限られていますが)。

 本日は、解体業者と依頼者との面談に立ち会い、明日、市役所の環境課へ同行し、添付書類の確認をすることとしました。

 蕨戸田衛生センター組合の予算書が届き、衛生センターにて、蕨市議と勉強会を行いました。2年ぶりの衛生センター議会なので、学ぶことだらけです。

 

●一般質問通告について:田辺三菱製薬跡地の問題を取り上げる予定でしたが、他会派の議員より、1人が取り上げる問題ではないとの意見をいただきました。明日の9時半で、通告は締め切りとなることから、取り上げるべきか悩みました。

 

2月15日

 議案等事前説明会開催。3月定例会に向けた一般質問通告の準備。担当部局と調整を図り、準備を進めております。

 

2月14日

 昨晩、大きな地震がありました。火事現場は、燃えた建物の柱や壁が残っており、倒れる危険性があることから消防の方々が来て、2次被害とならないよう(倒れないように)してくれていました。有難いです。

 今回の家事で全焼した家屋は6棟です。解体工事を進めるために、それぞれの所有者から早めに解体の了承を得なければなりません(2件は了承を得られました。)

 

2月13日

 とても重要な説明会に参加しました。ご報告が出来る日が来たら、お話し(記録)することとします。

 

2月12日

 朝、水道部局に連絡し、現場の確認をしていただきましたが、水が出ない原因はわからず、民間の水道修繕業者を紹介いただきました。水道業者も忙しい様子で6社に断られた時は、今日の復旧は難しいかと思いましたが、午前11時には復旧!!皆で喜びました。私道の瓦礫は、元の場所に戻されました。罹災証明書の手配も終了。

 午後は、議員研修に参加。介護保険料の改定説明を受けてビックリ!!大幅な値上げに疑義アリです。

​🌸昨日、7つの大学受験を終えた長男から、第一志望の大学合格のメールが入りました。高校受験で希望の学校に行けず、悔しい想いをしていた子。今回はとても努力したことが実り「良く頑張ったね」と嬉しく思いました。

 

2月11日

 自宅を突然、失うという理不尽さ、これからの生活はどうしたらいいか・・・、その相談や自宅に帰宅したけれど、水が出ないという問題。私道をふさぐ瓦礫の山。私の事務所も焼けてしまい、後援会員のショックも受け止めなければならないと思っているのですが、私自身、多分、まだ悪い夢を見ているようで、言葉を失ってしまいました。一呼吸をおき、ワインを飲みながら夕飯の準備をしていたら、涙が出てきました。悪酔いしてしまい、夜、大泣きしてしまいました(迷惑な母でした、家族よ、ごめんなさい)。

2月10日

​ 小さな火種まで消えたのは、明け方だったと聞きました。消防署の方々に深く、感謝いたします。

火事が起きた現場は、まだ焦げた匂いがして、崩れる危険性もあったため通学時間には夫に立ってもらいました。

 避難所を訪問し、不安な夜を過ごされた方々から話をお聞きしました。私道の瓦礫は、誰が片付けるのか、また解体にはどれくらいの費用が掛かるのか等。環境課、道路河川課、蕨戸田衛生センターに連絡し、現状の説明。市の支援とゴミ処理の方法、今後の対応を考えました。

 夕方、消防署の職員から「検証が終了」という報告があり、自宅に戻れる方の確認をした後、知り合いの解体業者を訪問。解体から瓦礫の撤去までの流れと必要書類、概算を教えていただきました。

2月9日

 臨時議会開催。健康福祉常任委員会の副委員長になりました。とても緊張しています。他、広報特別委員会、蕨戸田衛生センター組合、議員互助会の役員を1年間、頑張ります。

 夕方の本会議開催前、夫より「火事が起きている」との連絡が入りました。何が起きたのか、議会終了後に急いで帰宅すると自宅前は、通行止めになり消防署が消火作業を行っていました。沢山の人、人、人・・・。私の事務所が燃えていました。裏からの出火と聞き、人命救助はできているのか確認。地元の中学生が、「逃げて下さい」と火事の報せを一早く行い、下戸田交番まで走ってくれたとのこと。

 死者は出なかったと聞き、避難場所(喜沢南町会)に向かいました。相談に繋がるよう、状況をお聞きしながら話を聞いてまわりました。町会の連携で飲み物や食料の調達、避難所用の布団が届き、[自助、共助、公助]が揃ってきたところで「明日、また来ます」と話し、帰宅しました。

2月8日

 臨時議会開催。議長選は、本田議員が3票、細田議員が23票。副議長選は、むとうが4票、竹内議員が22票でした。今年は、早い展開で、夜の8時頃に終わりました(何故か議長と副議長を決めることに日本共産党を除く会派での調整があるので、夜中になることが多いのです)。

 

2月7日

 田辺製薬跡地の問題についての会議に参加しました。

 

2月6日

 選挙の報告に、地域をまわりました。「おめでとう」の言葉、とても嬉しく思い、市民の付託に応えるための大切な議席「これからも、頑張ります!!」と改めてお約束しました。

 

2月5日

 昨日、フードパントリーを利用されていた方からSOSのメールをいただきました。ホームレスになってしまいそいそうだとのことで、とても焦って事情を聞きました。東京の方でしたので、その方の住まいにある日本共産党地区委員会に繋ぎ、対応を急いでほしいと話ました。

2月4日

​ 戸田市議会議員選挙後、初めての戸田公園駅にて街頭宣伝を行いました。さいたま市の友人が、演説を聞きに来てくれて、とても嬉しかったです。大きな花束もいただきました。

初心を忘れることなく、市民の生活と暮らしを守るために引き続き、全力で頑張ります。その後のベルクス前演説でも沢山の方々に「おめでとう」と声を掛けて頂きました。

 

2月3日

 すっかり忘れていましたが、長男の大学受験、私の選挙が終わった次の日からスタートしておりました!!びっくりですね~。私が何もしていなくても、問題ない(?)のは、やはり主夫が全てを熟して下さっているおかげと改めて感謝しています。次男の公立高校受験が終わるのは、2月26日だとか・・・。あまりにも子どもの生活に対して無頓着で、世間知らずにならないよう情報共有していただきたいと夫に要望いたしました。

2月2日

 地域で、市議選についての報告をしました。女性議員は、有難い議席だと言われました。どうしてか、と話しするる中で、子育てや介護はやはり今も女性の仕事になっていることが浮き彫りに・・・。

日本の現状は、まだまだ、ジェンダー平等には、ほど遠いのでしょう。

また緊急事態宣言下における戸田市長の会食について、議会で聞いて欲しいとの声があり、ネットで確認しました。

 

2月1日

 市役所にて、当選証書付与式に参加しました。日本共産党市議団として、得票や議席数を減らしてしまったこと、反省点ばかりです。しかしながら、私を当選させていただいた方々の喜びと共に、引き続き対応しなければならない相談業務を考えると下を向いている暇はありません。

 私のできる限りの力で、今後も全力で困っている人の気持ちに寄り添い、支援していかなければと思っています。

 

youko​日記

署名国会提出

2020年11月20日

 日本共産党戸田市議団で集めた「新型コロナウイルス~」の署名(1428筆)を伊藤岳参議院議員と塩川哲也衆議院議員に手渡しました。(於:国会)

1.15国会.png

2021年1月15日

 みなさんとご一緒に集めた「新型コロナウイルス~」の署名(第二次)(1577筆)を小池書記局長、伊藤岳参議院議員に手渡しました。(於:国会)

​画面をクリックして下さい

 
 

プロフィール :    1974年 東京都豊島区巣鴨生まれ

東京農業大学短期大学部栄養学科卒  同大学生物産業学部食品科学科卒

■資格:栄養士、介護福祉士、ケアマネジャー 

■2009~2013年   子育てしながら自宅でパン教室を開催

    (ABCクッキングスタジオ・パン&ケーキ ライセンス)

■喜沢南保育園保護者会長、戸田第2小学校PTA役員、喜沢中学校PTA役員、

   戸田市子ども会育成連合会常任理事を歴任

■2017年戸田市議会議員に当選(一期) ■家族 夫と息子3人(高3、中3、小6)

■住所 喜沢南2-6-2■電話/Fax 048-433-5066(むとう事務所)

◆所属委員会 健康福祉常任委員会 議会広報委員会 戸田競艇企業団議会議員

​リンク

 

日本共産党戸田市議団 http://www.jcp-toda.net

日本共産党埼玉県委員会 http://jcp-sai.jp/

日本共産党埼玉県議会議員団 http://www.jcp-saitama-pref.jp/

日本共産党中央委員会 http://www.jcp.or.jp/

 

​むとう葉子旧HP(~2019)http://mutouyouko.web.fc2.com/index.html/

むとう葉子ツイッター https://Twitter.com/youkomuto

花井伸子のわが街ニュース(ツイッター) https://twitter.com/871news

 

梅ちゃん通信(梅村さえこホームページ)https://www.jcp-umemura.jp/

梅村さえこツイッター  https://twitter.com/umemura_saeko 

伊藤岳(ホームページ)https://ito-gaku.jp/

伊藤岳(ツイッター)https://twitter.com/gaku_ito

 

戸田市 http://www.city.toda.saitama.jp/

戸田市議会 https://www2.city.toda.saitama.jp/gikai/

​​小池晃ユーチューブ

 

お問い合わせ

事務所(仮)所在地

 

〒335ー0016

埼玉県戸田市下前1ー10ー35

Tel/Fax: 048-445-8231

i19414034@gmail.com

お問い合わせにはこちらのフォームをご利用ください:

赤旗ロゴ.png

​アクセスカウンター

SINCE 2020.5

Copyright(c)2020  Mutou Youko supporters. all right reserved.

  • さえずり
  • Facebook
蘭